会社を辞めて株で儲けようと考えてしまうサラリーマンがいますが、株はそんなに甘いものではありません。貯金がもし400万円あったとしても、失敗してしまえば直ぐに生活難となることを忘れないでください。こちらでは株の失敗談をご紹介します。

株で失敗してしまう男性

SHOEIの株に投資をする時には違反行為に注意を

SHOEIの株に投資をしようとしてる時に、注意をしなければならないものに違反行為があります。
株式投資は法律によってルールが定められているので、違反をするようなことがあれば厳しく罰せられてしまうので注意をしましょう。
違反行為となるものはいくつかありますが、風説の流布といったものを気をつける必要があります。
これは噂を流して、株価に影響を与えようとする方法のひとつでありSHOEIの株を買いたいと思った時にはできるだけ安く買うことができたほうが有利なわけですが、株価というのは思ったように下がってきてくれるものではありません。
そこで、SHOEIの経営状況は危ないといったデマや倒産をするといった噂を流して、他の投資家がその噂を信じて投げ売りしてくるのを待ち、安く購入するようなやり方というのは重大な違反行為となります。
これは購入をしたい時の話であり、逆に買った後に関してはSHOEIの業績が良いと何の根拠の無しに吹聴したり、画期的な製品を発明したといったデマを流した場合これも違反となってしまいます。

しかし、IRの情報などを元にしてあくまでも、将来の株価を予測した結果を公表するというだけでは問題はありませんので重要となってくるのは、デマであるのかどうかということが大事なことになります。
ただし、真実であってもインサイダー取引となるようなものであればこれも重大な違反となり、刑事罰を受けるおそれもあるのでこのような違反行為は絶対に行わないようにしましょう。
李下に冠を正さずという言葉もあるように、誤解を招くようなことをすればそれが違反に繋がることもあるので、持ち株のことに関する情報の発信はできるだけ避けたほうが良いでしょう。